東啓介は2.5次元俳優!書道が得意!仮面ライダーに出演?

スポンサーリンク

舞台を中心に活躍する

俳優の東啓介(ひがし けいすけ)さん。

高身長、イケメンとビジュアル的に完璧ともいえる

とんちゃん(注・愛称)」について気になる情報をまとめてみました!

出典元:https://jisin.jp/

 

 

スポンサーリンク

 

東啓介さんは2.5次元俳優!

東啓介さんは1995年生まれの東京都出身。

身長はなんと190cm

ドアノブが股下にくる男”という書き込みも見られました(笑)

 

高校まで本気でテニスに打ち込んでいた東さん。

将来はテニスのインストラクターになろうとしていたそう。

しかし、ケガのため競技を続けることができなくなってしまいました。

そうした時に友人に演劇の世界に誘われたとのことです。

2013年、ワタナベエンターテインメントのオーディションにて

ファイナリストに選出、舞台『ミュージカル・テニスの

王子様2ndシーズン』で本格的にデビューされました。

その後も舞台を中心に数々の作品に出演しています。

 

そして、東啓介さんといえば“2.5次元俳優”。

2.5次元とは、もともとはネットユーザーの間で広がった言葉です。

イラストやアニメの世界=2次元

実際の人間・実写による世界=3次元

この2つの間を指すのが2.5次元です。

2次元的なイメージを3次元へ投影する、つまりは

アニメの世界から現実に出てきたことを表しています。

まさに現実のものとは思えない高身長、脚の長さ

誇る東さんにピッタリの言葉ですね!(笑)

 

ミュージカル・テニスの王子様(テニミュ)以外の主演作品としては、

薄桜鬼

弱虫ペダル

刀剣乱舞

など、いずれも超人気作のアニメ、ゲームを題材とした

舞台が挙げられます。

東さんの現実離れした容姿・プロポーションに

白羽の矢が立ったと思われます!

 

同じく2.5次元俳優として活躍する

青柳塁斗さんの情報はこちらから!

東啓介さんは書道が得意!

東啓介さんの特技の一つが書道

なんと6段の腕前を持っています!

お祖父さんが画家ということで、芸術的な

才能を受け継いでいるのかもしれません。

 

書道を習い始めたきっかけは親御さんだそうです。

「字が汚いやつは社会で通用しない」と理由から

書道教室に通うようになったとのこと。

立派なご両親ですね(T_T)

 

2020年1月のテレビ番組『TEPPEN』では

書道対決に挑戦。

出演者は他に

・松嶋尚美さん(特待生)

・ぺえさん(8段)

・大久保佳代子さん(5段)

・生野陽子アナウンサー(師範)

・伊藤かずえさん(師範)

といずれも強豪揃い。

お題となった「」「」の字で

いずれも生野アナに破れてしまい、優勝とは

なりませんでしたが、その達筆ぶりを存分に披露されました!

出典元:https://twitter.com/keisuke_higashi

東啓介さんは仮面ライダーに出演?

東さんを調べていて気になったのが、

仮面ライダー」という情報。

東さんは先述の通り、2.5次元を中心に

多くの作品に出演されていますが、

その中に仮面ライダーはありません

 

そして、判明したのがスタントマン、スーツアクター、

俳優の東慶介さん。

こちらの東さんは仮面ライダーシリーズや

スーパー戦隊シリーズなどに数多く出演されています。

 

東啓介さんもその身体能力を活かせば

ハードなアクションの演技も余裕でこなせそうですよね!

 

東啓介さんと大の仲良しという

歌舞伎俳優の尾上右近さんを特集!

まとめ

イケメン俳優の東啓介についてご紹介しました。

2.5次元俳優の名にふさわしく、まさに

アニメの世界から飛び出したようなビジュアル

お持ちの東さん。

一方で書道やカメラなどマルチな才能を発揮される

彼の更なる活躍に要注目ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました