河上史佳の高校はどこ?種目は何?目標はパリオリンピック!

スポンサーリンク

東京オリンピックで新種目となった

スポーツクライミング

女子では銀メダルと銅メダルを獲得という好成績でした。

そんなスポーツクライミングで

次のパリ五輪を目指すのが河上史佳(かわかみ ふみか)選手!

今回の記事では、若き期待の星について

気になる情報をお届けします。

出典元:https://www.climbers-web.jp/

 

 

スポンサーリンク

 

河上史佳選手の高校はどこ?

河上選手は、中学3年生(当時)にして初出場の

スピードジャパンカップ」で、大人を押しのけて

いきなり優勝してしまいました!

 

そんな河上選手が通うのは、

私立の鳥取城北高校です。

 

調べた限り、高校にスポーツクライミング部

という部活はないようですので、

部活でビシバシ鍛えているということではなさそうです。

 

その代わり、鳥取県倉吉市には

スポーツクライミング用の壁が常設されている

施設があるとのことのなので、

河上選手はそこで日夜練習しているのかもしれません。

 

さらに、2023年のスピードジャパンカップでは

河上選手は準優勝、1位と3位の選手も鳥取県勢と

表彰台を鳥取県の選手が独占

スポーツクライミングでは鳥取が強い☆

出典元:https://www.climbers-web.jp/

また、鳥取城北高校には「スポーツ科学コース」や

スポーツ特進コース」という学科が設置されています。

河上選手がどの学科に所属しているのかは

わかりませんでしたが、スポーツにかなり力を

入れている学校であることは確かですね。

 

ちなみに、卒業生を見ていくと、

野球では元巨人の川口和久さんや

オリックスの能見篤史選手、

相撲では横綱の照ノ富士関など

錚々たる顔ぶれ!

意外なところで、安田大サーカスの団長安田さんもOBでしたw

 

スポンサーリンク

河上史佳選手の種目は何?

スポーツクライミングには大きく3種目があり、

それぞれ「リード」「ボルダリング」「スピード」です。

河上選手の得意種目は、ズバリ「スピード」です!

 

前述の優勝したジャパンカップもスピード、

また数多く参加している国際大会でも

スピード競技でチャレンジされています。

 

スピード」はいかに速く壁を駆け上がることが

できるかというスプリント競技

コンマ1秒を争います。

とんでもないスピードで壁を駆け上がる(走る?)姿は、

まるで忍者!

 

リード」は、壁に設定されたコースを登って、

その到達高度を競う種目です。

最も長い距離を登るために、スタミナが重要とのこと。

 

ボルダリング」は、設定された複数の

コース(ボルダー)を制限時間内にいくつ

登れたかを競う種目。

安全器具を装着しないことも他の2種目と違う点です。

 

ちなみに、2020東京オリンピックでは

1人の選手が3種目をこなす「複合」として

競技が開催されました。

オールマイティーな力が試されたのですね。

 

新種目・ブレイキンでパリ五輪を目指すダンサー!

河上史佳選手の目標はパリオリンピック!

スポーツクライミングで活躍するスーパー高校生・

河上選手ですが、次なる目標はやはりパリ五輪!

 

東京五輪では野中生萌選手が銀メダル、

野口啓代選手が銅メダルを獲得と大活躍を見せましたが、

河上選手も偉大な先輩に続くことができるのか?

期待が高まりますね。

 

尚、パリ大会では種目の体系が変わるそうで、

・スピード(単独)

・ボルダリングとリードの複合

という2種目になるとのこと。

 

ということは、スピードが得意な

河上選手にとっては追い風となりそうですね☆

 

また、出場枠は1国から出場できるのは

男女それぞれ2人ずつ。

代表への切符を巡って、し烈な争いが展開されそうです!

まとめ

スポーツクライミングの国内大会で好成績を収め、

「ミライモンスター」にも出演される

高校生クライマー・河上史佳さんについてご紹介しました。

パリ五輪への出場なるか!?要注目ですね♪

スポーツ
シェアする
attemboroughをフォローする



ダスティのトレンド情報便

コメント