小野龍光が経営していた会社は?なぜお坊さんになった?妻や家族は?

スポンサーリンク

人間万事塞翁が馬、人生いつどこで転機が

訪れるかは誰にもわかりません。

ガラッと職業が変わることもあるでしょう。

そんな中、「年収100億円の実業家」→「僧侶」

というとんでもない振れ幅のジョブチェンジを

遂げたのが、小野龍光(おの りゅうこう)さん!

何が仏の道へ進ませたのか?

今回の記事では、小野龍光さんの気になる

情報についてお伝えしていきます。

出典元:https://bunshun.jp/

 

スポンサーリンク

小野龍光さんが経営していた会社はどこ?

小野龍光さんの本名は小野裕史(おの ひろふみ)さんです。

1974年生まれで北海道・札幌出身。

 

大学は東京大学大学院の生物科学修士課程を修了、

その後日本IBMに就職という超エリート

 

その後はベンチャー投資家として、

中古品や求人情報を無料で掲載できるサービス

ジモティー」の創設にも関わります。

 

そして、2017年に「17 Media Japan」を設立します。

こちらは、ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」

運営する会社。

バリバリのIT社長さんですね☆

出典元:https://bunshun.jp/

まさに栄華を極めた小野さんが

まさか仏道に入るとは…

 

ちなみに、小野さんはそれまで全くスポーツを

してこなかったそうですが、2009年よりランニングを開始。

その後は北極点マラソン南極100kmマラソンに挑戦、

さらには砂漠を250km走るマラソンも完走!

この驚異的な身体能力と行動力を考慮すると、

突然の出家も納得いくのかもしれません…

 

レアメタルで大成功した経営者の現在とは?

小野龍光さんはなぜお坊さんになった?

人生の成功者とも言える小野さんですが、

なぜ突如出家することになったのでしょうか?

 

きっかけは、親友の経営者が出家したことにあるようです。

 

「17 LIVE」のCEOを辞めた後、旅に出ようとした

小野さんですが、その時に出家した友人と共に

インドに行くことに。

 

そこでインド仏教の頂点に立つ、

日本出身の僧侶・佐々井秀嶺さんという方に出会い、

誰かのために役に立つ生き方に衝撃を受けます。

 

そして、なんとインド滞在中にそのまま

出家してしまいました!

頭をバリカンで剃って、僧侶の衣を着て…

この行動力、とんでもないですよね(^^ゞ

出典元:https://bunshun.jp/

インド仏教では、出家(得度)した瞬間に生まれ変わる

考えるそうで、これ以降小野さんのかつての

「IT社長」などの肩書は“前世”ということに

なるらしいですw

 

佐々井さんから「龍光」という名前をもらい、

まさにお坊さんとして生まれ変わりました。

 

さらに、それまでのビジネスやマラソンの

ブログを全て削除!

徹底ぶりがスゴすぎます!

 

スポンサーリンク

小野龍光さんの妻や家族は?

旅先のインドでいきなりお坊さんになる…

普通の感覚ではありえない大冒険ですが、

小野さんのご家族はどう受け止めたのでしょうか?

 

小野さんの奥さんは(予想通り)大激怒されたそうです。

 

まあ、そうなりますよねw

インドから出家するかも?という連絡をした時は

冗談かと思っていたそうですが、

いざ小野さんが帰国して仏教系の大学に行っていいか

相談したところ、ふざけんな!となったとのことw

 

なお、インドでは出家する際には家族とも縁を切る

ことが絶対のルールとなっているそうです。

しかし、さすがに奥さんと別れることは

できないとのことで、日本の仏教の衣を着ることで

日本のお坊さんとして活動するという折衷案を実行、

妻帯の身であってもOKということになりました。

 

ちなみに、仏教ではお金も“煩悩”の一つですから、

当然手放さなければいけません。

小野さんの場合、財産は全て奥さんに渡して

自身は生涯トータルで108万円(=煩悩の数)の

お小遣いだけでやりくりするという

エクストリームなルールを設定してしまいました!

ただ、これまでの半生を考えれば、

もはや小野さんに不可能はないと思えてしまいますw

まとめ

世間も羨むIT社長からまさかの出家をされた

お坊さんで、「マツコ会議」にも出演される

小野龍光さんについてお届けしました。

小野さんが悟りを開く日は来るのか?

これまでも驚きの突破力を発揮されてきた小野さんですから、

なにかとてつもないことをされるような気がします♪

人物その他
シェアする
attemboroughをフォローする



ダスティのトレンド情報便

コメント

タイトルとURLをコピーしました