森口明利の8重跳び挑戦の結果は?ジャンプ力が驚異的!職業は何?

スポンサーリンク

子供の頃、必死に取り組んだ縄跳び

2重跳びが成功したら、次に「ハヤブサ跳び」や

「ウグイス跳び」などにもチャレンジした記憶があります。

そんな中、驚異の“8重跳び”に挑戦し続けているのが

もりぞー”こと森口明利(もりぐち あきとし)さん。

7重跳びというギネス世界記録保持者の戦いについて

ご紹介していきます!

出典元:https://www.instagram.com/akitoshijump/

 

スポンサーリンク

森口明利さんの8重跳び挑戦の結果は?

もりぞーさんの最新のチャレンジは2021年7月22日

世界記録更新となる“8重跳び”の結果は・・

惜しくもチャレンジ失敗となってしまいました。

 

本人曰く成功まであとほんの少しのところまできているそう。

これからも挑戦は続くそうなので、次回こそ期待したいですね☆

 

これまでにもりぞーさんが叩き出した記録の数々がこちら。

3重跳び:連続316回

4重跳び:連続84回

5重跳び:連続26回ギネス世界記録

6重跳び:連続4回ギネス世界記録

7重跳び:1回←ギネス世界記録

なんと、ギネス記録を3つも持つタイトルホルダー!

 

私、当ブログ管理人・ダスティの子供の頃の記録を辿ると、

たしか3重跳び1回が限界だったような・・

そう考えると、もはやよくわからない領域に突入しているのですね(^^ゞ

 

こちらが7重跳び成功の動画です。

滞空時間が長すぎ!

また、縄を回す音がスゴイですね♪

さらに、よく見ると7重跳びの前に、

いとも簡単に4重跳びを連続して跳んでいます。

もはや、これくらいはもりぞーさんにとっては朝飯前なのでしょう・・

 

東京パラ2020車いすラグビーに注目!

森口明利さんのジャンプ力が驚異的!

縄跳びを極めんとするもりぞーさん。

練習の賜物というのはなんとなく想像がつきますが、

そもそもの身体能力が滅茶くちゃ高いのでは?

 

プロフィールやSNSを見てみたところ、

立ち幅跳びは3m26cm!

垂直跳びの最高到達地点は3m25cm以上!

こちら、天井に刺さっているように見えるもりぞーさんのジャンプ(笑)

出典元:https://www.instagram.com/akitoshijump/

 

やはり、これだけの運動能力を持っていないと、

8重跳びという壁に挑戦するのは難しいようです。

陸上選手などでも大活躍できそうな気がします☆

 

また、このもりぞーさんの能力を最大限に生かすため、

8重跳びチャレンジには多くの企業が強力サポート!

例えばシューズでは、おなじみのアキレスが協賛、

8重跳び専用シューズをもりぞーさんに提供しています☆

 

その他にもワイヤーロープ製造メーカーから

縄跳び用ロープベンチャー企業から持ち手のグリップ

提供を受けたり、ジムやカイロプラクティック院

身体のメンテナンスを担当、

総動員で8重跳び成功を目指しています。

 

スポンサーリンク

森口明利さんの職業は?

縄跳びに情熱を燃やすもりぞーさんですが、

普段のお仕事は何をされているのでしょうか?

 

実はもりぞーさんは「プロ縄跳びプレーヤー」なのです!

プロフィールにも「スポーツ選手」」「jumprope player

(ジャンプロープ プレイヤー)と表記されています。

 

もりぞーさんは京都大学工学部出身!

さらに京大の大学院では金属の研究をしていたという超エリート!

 

卒業後は繊維メーカーのセーレンに就職、

会社員の経験を経た後にプロへの転向を果たしました。

 

出典元:https://www.instagram.com/akitoshijump/

こちらはもりぞーさんの縄跳びの分析のグラフです。

7重滞空時間と予備跳躍4重滞空時間」と書いてありますが、

素人目には理解できません(>_<)

解説によると、直前の4重跳びが上手く跳べると、

その後の7重跳びも成功しやすい(?)ようです。

こうした科学的なアプローチができるのは、

優秀な頭脳をお持ちだからこそですよね。

 

プロとして、縄跳びを教える活動も行っているもりぞーさん。

全国の小学校を回り、縄跳び教室を開催しています。

また、コロナ禍の現在ではオンラインの教室も開講!

子供たちが7重跳びを見たら大興奮すること間違いなしですよね♪

 

それにしても、縄跳びを生業にしている方を初めて見ました(^^ゞ

まさに「好きこそ物の上手なれ」を地で体現されていますね。

まとめ

人類史上初の8重跳びへの挑戦を続ける

プロ縄跳びプレーヤー、もりぞーこと森口明利さんに

ついてお届けしました。

次回こそはぜひチャレンジを成功させ、

新たなギネス記録を築いてもらいたいと思いました。

スポーツ
シェアする
attemboroughをフォローする



ダスティのトレンド情報便

コメント

タイトルとURLをコピーしました