中村篤史(獣医)の動物病院はどこ?ナカムラクリニックの院長?

スポンサーリンク

夜中に急に体調が悪くなったらどうしよう・・

救急車で運ばれたが、受け入れ先の病院が見つからない・・

このコロナ禍でこんな不安を覚えた方も多くいらっしゃるはず。

それは人間だけでなく動物も同じ。

そんなペットの救命救急の第一人者として活躍するのが

獣医師中村篤史(なかむら あつし)さん。

今回の記事では、中村さんの夜間救急センターについてお伝えします。

出典元:https://www.hash-hugq.com/

 

スポンサーリンク

中村篤史さん(獣医)の動物病院はどこ?

中村さんが院長を務めるのが、TRVA夜間緊急動物医療センター

犬と猫専門の、“夜の救急動物病院”です。

出典元:https://trva.jp/

 

TRVA」とは、「東京城南地域獣医療推進協会」の略で、

43の動物病院が発起人となって設立されました。

 

夜間救急の場所などの情報はこちらです。

 

住所:東京都世田谷区深沢8−19−12 泉美ビル2F

診療時間:PM8:00〜AM6:00

(重症例に限り24時間体制での入院管理継続可能)

TEL:03-5760-1212

アクセス:東急田園都市線 桜新町駅より徒歩10分

出典元:https://trva.jp/er/

 

持参するもの

・かかりつけの病院の診察券

・飼い主の身分証明書

・クレジットカード(支払はカードでの一括払い)

・その他(現在服用中の薬や直近の検査結果など)

 

診察費

・内科的な処置で終わる場合:平均3~4万円

(診察料、検査料、処置料などの合計)

・外科手術が必要な場合:小型犬で15~25万円、

大型犬で20~40万円

・夜間診察料8,640円(税込)が必ず発生

 

こちらで対応してもらえるのは、あくまでも救急措置

そのため、一般的な外来診療はされていませんので

ご注意ください!

 

いつもお世話になっている診療所が休みの間の

ペットの急な病気やケガを見てもらえるというのは

本当に安心感がありますよね☆

 

また、診療後はかかりつけの獣医さんと連携し、

スムーズに引き継ぎをしてもらえるとのこと。

常駐しているのは獣医師さん、看護師さんなど8~10名

日本でも最大規模の救急救命センターなんだとか。

これは心強いですね♪

 

実際に運び込まれるペットの症例は様々。

犬の場合はおう吐下痢が多いそう。

その原因の多くは玉ねぎチョコレートといった食べては

いけないものを食べてしまったケース。

また、骨折心臓病肺炎などもあるとのこと。

 

当たり前ですが、動物たちは苦しくても症状を伝えることができません。

そこに気付いて適切な処置を下す獣医さんって

改めてスゴイと思います!

 

脱走したニシキヘビを捕まえた男前の園長を特集!

 

スポンサーリンク

中村篤史さん(獣医)はナカムラクリニックの院長?

中村さんについてweb検索していて気になったのが、

関連キーワードとして候補に出てくる「ナカムラクリニック」や

医師免許」といったワード。

中村さんは獣医師さんのはずですが、これは一体?

 

こちらは、「中村篤史」さんという同姓同名のお医者さんのことでした。

こちらの中村先生は神戸で「ナカムラクリニック」の

院長をされています。

 

ちなみに、こちらの方はワクチンについて

いろいろ意見をお持ちのようで、情報発信されているようです・・

詳細を知りたい方はご自身でお調べください(^^ゞ

まとめ

動物の救命医療の最前線で活躍され、「情熱大陸」にも

出演される獣医師の中村篤史さんについてご紹介しました。

日本ではペットの救命救急はまだ普及していないそうです。

万が一の時に備えた「セーフティーネット」があると、

とても安心できますよね。

中村さんの取り組みが全国に広がることを願いたいと思います。

人物その他
シェアする
attemboroughをフォローする



ダスティのトレンド情報便

コメント

タイトルとURLをコピーしました