キンゾーのコンフィズリーに通販はある?息子が継いだお店はリンゴのタルトが人気!

スポンサーリンク

京都で大人気だった洋菓子店「オ・グルニエ・ドール」。

オーナーの西原金蔵(にしはら きんぞう)さんは

以前から唱えていた65歳定年を有言実行、

絶頂期のお店を畳んでしまいました。

しかし、その後キンゾーさんは新たなお店をオープン!

今回の記事では、そんなキンゾーさんの

パティスリーをご紹介します。

出典元:https://www.sankei.com/

 

スポンサーリンク

キンゾーのコンフィズリーに通販はある?

キンゾーさんが構える新たなお店が

コンフィズリーエスパス・キンゾー」。

コンフィズリーとは、砂糖菓子のこと。

 

キンゾーさんのお菓子を手に入れたいけど、

京都に行くのがキビシイという方向けへ、通販はあるのでしょうか?

 

残念ながら、コンフィズリーエスパス・キンゾーでは

通販の取り扱いはないとのことです。

 

キンゾーさんと奥様の2人で切り盛りされている

お店なので、通販まで手掛けるのは不可能なのかもしれませんね(T_T)

 

ただし、FAXにて地方発送を受け付けている

という情報もありました。

一度お店に問い合わせてみるのもいいかもしれません!

 

ショーケースに並ぶのは、キラキラと

宝石のように輝く「パート・ド・クルスティヤン」。

出典元:https://mi-mollet.com/

これは美しいですね☆

オレンジココアアーモンドラムレーズンなど

様々なものが砂糖菓子で包まれています。

 

変わり種としてはショウガユズ松の実などもあるそうです。

また、サンショウ黒豆ユズ地元京都産のものを使用。

一度試してみたいですね♪

 

Aセット(8種)1,850円。

Bセット(6種)1,450円。

 

クルスティヤンとは、フランス語で“サクサクした食感”という意味。

和菓子の「琥珀羹」(こはくかん)という、

煮て溶かした寒天に砂糖や水あめを入れて固めたお菓子

にヒントを得たそうです。

 

見た目には冷たそうですが、冷蔵・冷凍ではないので

手土産にもバッチリ。

こんな手土産をいただいたら、相手への好感度が

上がること間違いなしですね(笑)

 

ご参考までに、こちらが琥珀羹

出典元:https://www.kateigaho.com/

 

☆コンフィズリー エスパス・キンゾーの店舗情報☆

住所:京都府京都市中京区堺町通錦小路519-2 2階

TEL:075-212-8022

営業時間:13:00~17:00

定休日:月曜・火曜・水曜・木曜・金曜・祝日

土日のみの営業

阪急「烏丸駅」、地下鉄「四条駅」から徒歩約5分。

 

ニューヨークで大人気のスイーツ日本でも楽しめる!

チカリシャスの情報はこちらでチェック☆

 

スポンサーリンク

キンゾーの息子さんが継いだお店はリンゴのタルトが人気!

キンゾーさんが閉店した洋菓子店「オ・グルニエ・ドール」。

(フランス語で“金の蔵”、そのままですね(^^ゞ

その跡地に長男の裕勝さんがオープンしたのが

「ナンポルトクワ」。

 

看板商品は「リンゴのタルト」!

時期によって最もおいしいリンゴを使うのがこだわり。

9月からは青森の「津軽」、

10月からは「紅玉」(こうぎょく)、

寒い時期には「サンふじ」といった感じ。

出典元:https://www.instagram.com/nimporte_quoi.kyoto/

 

スライスしたリンゴを、砂糖バター

生クリームのみで焼き上げた逸品。

いくつでもペロリといけそうです!

390円。

 

※産休・育休のため、お店は

2021年9月頃まで休業中です。

ご注意ください!

 

☆ナンポルトクワの店舗情報☆

住所:京都府京都市中京区堺町通錦小路上ル527-1

TEL:075-708-3742

営業時間:11:00~16:00

定休日:月、火、水

阪急「烏丸駅」、地下鉄「四条駅」から徒歩約5分。

※キンゾーのすぐ近くです。

まとめ

一度お店を畳みながらも新たにお店をオープンした

伝説のパティシエ、キンゾーさんについてお伝えしました。

お店は“京都の台所”錦市場のすぐそばですので、

京都観光の際にはぜひ寄りたいと思いました(^^

食べ物
シェアする
attemboroughをフォローする



ダスティのトレンド情報便

コメント

タイトルとURLをコピーしました