今和泉隆行が空想地図を描く理由は?地図の楽しみ方を公開!

スポンサーリンク

始めて訪れる目的地に到達するために必要なもの、

もちろん地図です。

現在ではスマホのアプリとしてプリインストールされ、

またGPSなどの情報も駆使し、ルート案内まで

細かく誘導してくれますよね。

しかし、もしその地図がニセモノだったら・・

そのまさかを実現してしまったのが今和泉隆行(いまいずみ たかゆき)さん。

空想の都市を描いた地図「空想地図」を作り上げてしまいました!

今回は今和泉さんの空想地図についてご紹介します。

出典元:https://www.1101.com/

 

スポンサーリンク

今和泉隆行さんが空想地図を描く理由は?

今和泉さんは1985年生まれ。

空想地図を描き始めたのは7歳!

ということは、現在まで約35年以上空想地図を描き続けていることに。

継続は力なり、ということでしょうか(^^ゞ

 

そもそも、空想地図を作ろうと思った理由は何でしょうか?

本人曰く、よくわからないそうです(^^ゞ

 

7歳という幼少期から描いているため、

無意識に始めていたとのこと。

地図を描くために生まれてきたのかもしれませんね(笑)

 

今和泉さんの推察によると、

例えばおままごとのような、子供特有の

“一人遊び”の一つの形なのではないかということ。

 

おままごとでは、お花屋さんというなじみのある

モチーフを、自分の身体を使って再現します。

 

空想地図も同じで、街や都市といったモチーフ

地図という手段で表現します。

 

たしかに、こう言われると共通するものがありそうですね☆

ただし、今和泉さんの場合、熱の入り方というか、

没頭する度合いが半端ないということでしょうか(^^ゞ

 

ちなみに、7歳当時の作品がこちら。

バスの路線図のようにも見えますね。

出典元:https://imgmap.chirijin.com/

 

そして、小学5年生の時がこちら。

出典元:https://imgmap.chirijin.com/

既に本格的な地図になっていますね!

 

大学時代には、全国47等道府県300都市を回って全国の

土地勘をつけたそうです。

また、空想地図は美術作品として、全国各地の美術館に

出展したことも!

妄想の力、恐るべし!

 

そんな今和泉さんですが、何のお仕事をされているのでしょうか?

 

ご本人は“地理人(ちりじん)”と自称されていますが(^^ゞ、

地図を中心とした情報デザインや記事執筆、テレビ番組や

ゲームの地理監修・地図制作がお仕事とのこと。

空想地図の制作はあくまでも仕事の一部に過ぎないそうです。

 

スポンサーリンク

今和泉隆行さんの空想地図の楽しみ方を公開!

空想地図は今和泉さんのHP「空想都市へ行こう!」からダウンロード可能!

ではその楽しみ方をご紹介します。

 

まずは架空の都市「中村市」(なごむるし)の概要から。

中村市は人口156万人

首都の「西京市」から南に30km離れた内陸部にあります。

 

明治以降に新しくできた「中村駅」周辺の新市街と

平川駅」周辺の旧市街を結んだエリアが

市の中心部。

 

鉄道に関しては、元国鉄の「Nyrail」と

私鉄の「中村電鉄」「西京急行」があり、

地下鉄も2路線走っています。

 

以上は全て実際には存在しませんので

ご注意を!(笑)

 

こうした設定がすべて地図に落とし込まれている

のはもはや驚異的!

一目見てこれが架空都市とわかる方は皆無でしょう(笑)

それぐらい細部までリアルな完成度を誇っています。

出典元:https://www.1101.com/

 

「どんな人が住んでいるのだろう?」と想像しながら

地図を眺めるのがポイント。

その人の通勤ルートや生活圏を想像(妄想?)して

地図をなぞっていくと新たな発見があるかも!?

 

さらに、リアルを追求する今和泉さん。

銀行のキャッシュカード

中村市に住む住民の落とし物まで制作してしまいました!

出典元:https://imgmap.chirijin.com/

 

レシートに書かれているお店を

地図で探すというのもおもしろいかもしれませんね♪

 

1年間穴を掘り続けてシアターホールを作ってしまった

祇園涼介さんの特集はこちらから!

まとめ

空想地図を描く“地理人”、今和泉隆行さんについて

ご紹介しました。

現在は首都の「西京市」の地図制作に取り掛かっているそうです。

こちらにも期待したいですね!

人物その他
シェアする
attemboroughをフォローする



ダスティのトレンド情報便

コメント

タイトルとURLをコピーしました