辻村史朗は人間国宝?息子も陶芸家!茶碗の価格、個展が気になる!

スポンサーリンク

奈良県の大自然に囲まれながら作品に打ち込む

孤高の陶芸家辻村史朗(つじむら しろう)さん。

今回の記事では、世界的な評価の高い辻村さんに

ついて気になる情報をお伝えします。

出典元:https://www.hankyu-dept.co.jp/

 

スポンサーリンク

辻村史朗さんは人間国宝?

辻村さんは1947年生まれの奈良県出身。

師匠を持たず独学で陶芸を極められました!

もう、これだけで天才と呼んで過言でないですよね・・

 

23歳で、奈良の山の中に廃材を使って自らの手で家を建て、

竈まで自作されました。

まるで仙人のような生活!

 

その作品は世界的にも高い評価を受けており、

アメリカ・メトロポリタン美術館を始め、

世界各国の美術館に所蔵されています。

 

さらには画家として多くの油絵を描くこともあり、

書家としての腕前も超一級品。

芸術界における万能の天才と言ってもよいかもしれません。

 

そんな辻村さんですから、当然数々の賞を受賞されたり、

人間国宝などの栄誉を受けているのでしょうか?

 

調べた限り、人間国宝に指定されたことはありません。

また、それだけに限らず、芸術関係の受賞歴も

出てきませんでした

 

辻村さんは栄誉や勲章といったものに全く興味はないそうです(^^ゞ

まさに常人の理解を超えた境地に達したお方なのでしょう・・

 

スポンサーリンク

辻村史朗さんの息子も陶芸家!

師匠のいない辻村さんですが、

お弟子さんも持っていません!

 

ただし、息子さんである長男の唯(ゆい)さんと次男の塊(かい)さんが

父親の下で学びました。

お二人とも陶芸家として活躍されています。

 

唯さんはご両親の家の近くに自身で

自宅と工房を建てて、そこで作品作りに励んでいます。

この点、完璧にお父さんの血を受け継ぎましたね(^^

 

唯一の例外が、あの細川護熙元総理大臣

細川元首相は政治家以外にも陶芸家、茶人としての

顔をお持ちです。

辻村さんの所に押しかけて(!)、ロクロを学んだそうです。

 

日本が世界に誇る美術品である日本刀を手掛ける

刀鍛冶、吉原義人さんの情報はこちらから!

辻村史朗さんの茶碗の価格は?

日本を代表する陶芸家である辻村さん。

下世話ではありますが、

その作品はどれくらいの価値のあるものなのでしょうか?

 

例えば、こちらの茶碗、「井戸茶碗」は

お値段550,000円!

これこそ、本当のケタ違いですね・・

出典元:https://www.kamiya-art.com/

 

目玉が飛び出た方のために(笑)

こちらのぐい呑みはお手頃価格で

お値段27,500円

だんだん感覚がマヒしてきましたね(^^ゞ

出典元:https://www.kamiya-art.com/

 

辻村さんのファンであるロシアの実業家の方は、

たくさんの作品を買って母国に持ち帰り、

コレクションを鑑賞するためだけの部屋を作ったそうです。

 

そろそろ意識が遠のきそうなので、

これくらいにしておきます・・

辻村史朗さんの個展に行きたい!

作品の購入は難しくとも、せめて作品を鑑賞したい

というアナタのために、個展についての情報です。

 

残念ながら、記事執筆時点(2021年6月)現在、

開催中および直近の開催予定の個展は見つかりませんでした。

 

ただし、過去には株式会社かみ屋さん主催の

個展が東京・日本橋で毎年開催されていたようですので、

今後も実施される可能性は高いと思われます。

 

また、同じく「Art Fair Tokyo 」にも

毎年出展されています。

こちらは2021年は既に終了してしまいましたので、

次回のArt Fair Tokyo 2022をチェックされてみては

いかがでしょうか。

まとめ

ストイックに美を探求し続ける

陶芸家、辻村史朗さんを特集しました。

作品に情熱を注ぐ姿はとてもカッコいいですね。

私、ダスティも将来は辻村さんの作品を

自宅に飾れるような大人になりたいと感じました(^^ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました