真田ナオキは吉幾三の愛弟子!ハスキーボイスの秘密は?スポーツ万能の演歌歌手!

スポンサーリンク

今注目の演歌歌手である真田ナオさん。

2020年の「第62回日本レコード大賞」では

見事最優秀新人賞を受賞した、

演歌界のホープです。

今回は真田ナオキさんについて

ご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

真田ナオキさんは吉幾三さんの愛弟子!

真田さんの師匠といえば歌謡界の大御所、吉幾三さんです。

出典元:https://twitter.com/naoki12sanada22

デビュー前の大手レコード会社のオーディション

挑戦した際、惜しくも落選してしまいましたが、

その声が吉さんの目に留まったのがきっかけ。

 

知人の紹介で吉さんと食事をすることになり、

食事後に声が聞きたいとカラオケに連れていかれ、

その歌声を聞いた吉さんからその場で

弟子になれ」とお声がけをいただきました!

若き才能を発掘する吉さんの観察眼は凄いですね!

 

吉さんが歌うデモ音源を聴いて曲を覚えるため、

歌い方も師匠によく似ています

」を「あたし」と歌うのはまさに吉さんの影響。

 

また、吉さんは自分があれこれ相手にやってあげる

のが好きな方なんだとか。

歌に関しても何かを強制するというよりは、

「歌いたいメロディーがあれば言いなさい」という

スタンスとのこと。

弟子の才能を伸ばしてあげたいという吉さんの

暖かい親心が伝わってきますね(T_T)

ちなみに、焼肉に行っても「俺が焼く方がうまい」と

言って、吉さん自らお肉を焼いてくれるそうです(笑)

 

2021年2月発売の新曲『本気(マジ)で惚れた』でも

吉さんのレッスンを受けながらのレコーディングとなったそう。

ブースの中に入ってきて、リズムを取る吉さんの

隣で歌うのはかなりやりづらかったそう(笑)

真田さんいわく、吉さんの指導方法は

どちらかというと感覚的で、ニュアンスを

伝えるやり方であり、野球でいうところの

“ミスター”長嶋茂雄さんの指導方法に近いとのこと。

 

スポンサーリンク

真田ナオキさんのハスキーボイスの秘密は?

真田さんの歌の特徴と言えば、ハスキーボイス

実はこのハスキーボイスを生み出すため、

文字通り“血のにじむような”努力をされました。

 

真田さんが歌手を目指したきっかけは2011年の東日本大震災

被災者支援のために臼澤みさきさんが民謡を歌っている

姿に衝撃を覚えました。

 

そこから民謡を習いに行くも、才能がないと

言われてしまい、歌手として何か個性が必要だと

考えるようになります。

 

そこで思いついたのが声をつぶすこと。

レジェンド・村田英雄さんが海辺で歌って

潮風で声を作ったという話を聞いて、

カラオケボックスや湘南の海岸で

何時間も叫びました

 

しかし、人間ののどはそう簡単につぶれないそう。

真田さんは実際に血が出るまで続けました

血痰が出ることもありましたが、それでも

やめなかったそうです。

 

さらに、唐辛子を食べたり、お酒に弱いのに

日本酒でうがいをしたり・・

まさに血反吐を吐きながらの壮絶な特訓ですね(T_T)

 

もう一度やれと言われたら、絶対やりたくないとのこと。

唯一無二の歌声の裏に大変な努力があったとは、

ただただ頭が下がります。

 

“エエ声”を出したいアナタへ、りょんりょん先生ボイトレはいかがですか?

真田ナオキさんはスポーツ万能の演歌歌手!

アイドルのようなルックスを持つ真田ナオキさん。

実は子供時代はバリバリのスポーツマンでした。

 

小・中学校時には野球に没頭、

小学5年生の時には少年野球の日本選抜に選ばれるほど!

しかし、選抜直後に肘のじん帯を痛めてしまい、

選手生命を絶たれてしまいました。

 

野球は今でも大好きとのことで、

ヤクルトスワローズの大ファン

新曲のプロモーションイベントではなんと

あのマスコット「つば九郎」との共演も果たしています!

 

その他にも空手では初段を持ち、

ゴルフボクシングなどもできてしまうとは

まさにスポーツ万能ですね!

まとめ

甘いマスクハスキーボイス

ギャップが魅力的な演歌歌手、真田ナオキさんに

ついてご紹介しました。

将来、師匠・吉幾三さんのような

大物歌手になる日を期待したいですね!

音楽
シェアする
attemboroughをフォローする



ダスティのトレンド情報便

コメント

タイトルとURLをコピーしました