加藤巍山の3千万円の作品とは?麒麟はどこで見られる?小野大輔との関係は?

スポンサーリンク

日本の伝統美術といって多くの方が

思い浮かべるのが仏像彫刻

奈良や鎌倉の大仏、東大寺南大門・金剛力士像

“イケメン仏像”として話題の興福寺・阿修羅像などなど・・

そんな中、現在日本のみならず世界中から注目されるのが

仏を掘る彫刻家=仏師加藤巍山(かとう ぎざん)さん。

海外のオークションでとんでもない落札価格が記録された

加藤さんについてご紹介していきます。

出典元:https://gizan.tokyo/

 

スポンサーリンク

加藤巍山さんの3千万円の作品とは?

2020年9月に、ニューヨークのオークション

クリスティーズ」に出品された加藤さんの作品。

落札価格は驚きの312,500ドル!

日本円にして約3,200万円!

果たしてどのような作品なのでしょうか?

 

それが、こちら。

タイトルは「示現・Ⅰ」。

出典元:https://gizankatoh.exblog.jp/

 

威厳のある雰囲気が、とてもカッコいいですよね。

ヒノキ造りで、高さは約110cm。

 

普通に考えれば仏像?と思いきや、

何か特定の仏様を元にしたわけではないそうです。

平安時代に確立された造仏の技法で彫られ、

「祈る」姿を現しているんだとか。

 

また、特徴的なのが、寄せ木をつなぐ“かすがい”を

あえて見せている点。

伝統的な「寄せ木造り」という技法では、かすがいで木をつなぐそうですが、

現在では技術が上がり、また接着剤を使ったりすることで、

かすがいがなくても作品を作ることはできるそうです。

出典元:https://gizankatoh.exblog.jp/

 

そこで、敢えてかすがいを使うことで

伝統技術と現代美術を合わせることにした加藤さん。

身体にかすがいが打ち込まれていることで、

磔(はりつけ)にされたキリストのような

雰囲気までも出してしまいました。

スゴすぎますね・・

 

こうしたところも、海外のコレクターさんから

高く評価されての3,000万円ということであれば、

誰もが納得ですよね(^^ゞ

 

孤高の陶芸家辻村史朗さんの特集はこちらから☆

加藤巍山さんの麒麟はどこで見られる?

加藤さん渾身の作品を一度見てみたい!という方も多いはず。

どこで見ることができるのでしょうか?

 

直近の作品に関してだと、

例えば岩手県大槌町の江岸寺の「釈迦如来坐像」や、

奈良県御所市の葛城一言主神社の「雄略天皇像」など。

 

個展に関しては、新型コロナの影響からか、

残念ながらここ最近では開催されていないようです。

2019年には日本橋高島屋で個展があったそうなので、

また落ち着いたら鑑賞できるかもしれません。

 

また、今後作品がお披露目となる可能性があるところとしては、

東京都目黒区の五百羅漢寺があります。

こちらにお目見えするのは、麒麟像

 

当初は2021年5月に奉納予定でしたが、延期が決定、

2021年秋頃に完成するとのことです。

もうしばらくの辛抱ですね。

 

こちらは、クラウドファンディングによって

プロジェクトが進行しています。

目標金額350万円に対して、500万円超の支援がありました!

 

江戸時代にはお寺に安置されていたという麒麟像ですが、

多くの仏像とともに失われてしまいました。

それを現代に復活させよう!という取り組みなんだそうです。

 

麒麟は神聖な幻の動物。

慶事の前触れ、吉兆をあらわす動物として知られています。

大河ドラマでも“きました”よね。

 

クラファンに支援した方の名前が記載された木札が、

麒麟像の胎内に納められるそうです。

これは羨ましい・・

 

こちらは粘土で作られた模型。

完成が楽しみですね♪

出典元:https://readyfor.jp/projects/rakan-kirin

 

スポンサーリンク

加藤巍山さんと小野大輔さんの関係は?

加藤さんについて調べていて気になったのが、

関連キーワードどとして候補に出てきた「小野大輔」。

小野D”の愛称で知られる声優・小野大輔さんと

加藤さんの関係は?

 

出典元:https://twitter.com/DD_TFM

 

実は、小野さんは大の仏像マニア

小野さんのラジオ番組に加藤さんがゲスト出演したり、

上述のクラウドファンディングでも小野さんが

応援メッセージを寄せたりといった関係がありました。

 

小野さんは大学生の時に、みうらじゅんさんのマガジン

仏像ロック』を見て以来、仏像や寺社にハマってしまったとのこと。

過去には東京国立博物館で開催された「運慶展」の

音声ガイドも務めたということで、ホンモノですね(笑)

まとめ

稀代の仏師、加藤巍山さんについてご紹介しました。

東日本大震災の復興やチャリティプロジェクトにも

数多く参加、出品されている加藤さん。

加藤さんの作る仏像たちの「祈り」で、

新型コロナが早く落ち着くといいですね(^^

人物その他
シェアする
attemboroughをフォローする



ダスティのトレンド情報便

コメント

タイトルとURLをコピーしました