福島和彦のだてまぐろを食べたい!通販でも購入できる!?

スポンサーリンク

日本人が好きな魚の筆頭とも言えるマグロ

特にクロマグロ(本マグロ)は“海のダイヤ”とも呼ばれる高級魚!

そんなクロマグロの養殖に命を懸ける職人が福島和彦さん。

天然モノを超える養殖マグロ」に情熱を燃やし、

「プロフェッショナル」にも出演予定の福島さんと、

手掛けるマグロの購入方法についてご紹介します。

出典元:https://www.mainichigrillbu.com/

 

スポンサーリンク

福島和彦さんのだてまぐろを食べたい!

愛媛県宇和島市の日振島(ひぶりじま)でマグロの養殖に携わる福島さん。

マグロの成育には新鮮な潮が入り込む場所が必須。

その点、潮の流れの早い日振島は最適なんだとか。

 

元々はタイやブリの養殖をしていた福島さんですが、

日振島のマグロ養殖プロジェクトがスタートしたことで、

マグロ生産を手掛けることに。

 

エサに穀物飼料は使わずキビナゴやアジなどの生の

エサだけを与えるのが福島さんのこだわり。

さらに、釣り上げた後はなんと2分以内に血抜きや

〆処理を行うことにより、鮮度を最大限に保っています。

 

このように、環境からエサまで、マグロの養殖には最先端の科学が取り入れられています。

そういえば、近畿大学が売り出した「近大マグロ」の

大ヒットも記憶に新しいですよね。

科学の発達のおかげで私たちはよりおいしい魚を口にすることができています♪

 

だてまぐろ」の名前の由来は、宇和島藩の初代藩主・伊達秀宗から。

豊洲市場や三ツ星の寿司店で引っ張りだこなのはもちろん、

近年ではアメリカでも大人気

海を越えて海外でも高評価を得ているのは誇らしいですよね☆

 

だてまぐろの特徴は、きめ細かな脂がのっていること。

脂があるがさっぱりしており、ねっとりととろけるような

食感まろやかなコク・旨みを楽しむことができます。

これはぜひ一度試してみたいです!

 

スポンサーリンク

福島和彦さんのだてまぐろは通販でも購入できる!?

福島さん渾身の「だてまぐろ」を味わってみたい!という

アナタへ、通販の情報です。

 

「だてまぐろ」を取り扱うお店はいくつかあるようですが、

当ブログ管理人・ダスティのオススメはだてまぐろ専門の

オンラインショップ「鮪ノすし遊」

こちらは中四国地方で9店舗のすし屋を展開する「すし遊館」が

運営するECサイト。

 

「すし遊」のこだわりは、完全・生のマグロを配送してくれること!

水揚げから一度も冷凍しない“生”の状態を家庭で味わうことができます。

そのため、毎週木曜日の午前0時に注文を締切

木曜日に発送、金曜日or土曜日お届けというシステムを採っています。

送料は980円。

北海道、沖縄は1,480円。

 

それではオススメの商品をご紹介。

まずは「生本まぐろ柵(だてまぐろ)赤身・中とろ・大とろ

計450g食べ比べ」!

値段は7,044円(税込)

出典元:https://www.maguro-sushiyou.shop/

このビジュアルをご覧ください!

見た目だけで極上のマグロということが伝わってきますね。

クール宅急便(冷蔵)でのお届けなので、到着次第すぐに食べられます。

しかも柵なので、お好みの厚さにスライスが可能。

あこがれの超極厚の刺身を堪能することができます。

 

目安として4~5人前だそうです。

赤身、中トロ、大トロはそれぞれ別売りもありますが、

せっかくならば奮発して3種盛りのこちらを購入してしまいましょう!

悩む必要もなくなりますw

 

もう一つのオススメが「生本まぐろ刺身盛り(だてまぐろ)

赤身・中とろ・大とろ計450g食べ比べ」!

価格は7,550円。

出典元:https://www.maguro-sushiyou.shop/

柵は豪快でいいけど、切る手間が・・という方にピッタリ!

ご飯の上に並べてどんぶりにしたり、

手巻き寿司のネタとしても良さそう☆

たまにはこんな贅沢もいいですよね。

 

有名料理店も絶賛の干物を食べたい!

まとめ

マグロの養殖に命を懸けるプロフェッショナル・福島さんと

その魂のこもった極上品「だてまぐろ」についてお伝えしました。

管理人がだてまぐろのおいしそうな誘惑に負けてポチってしまったのか否か、

その点はご想像にお任せします(^^ゞ

食べ物
シェアする
attemboroughをフォローする



ダスティのトレンド情報便

コメント

タイトルとURLをコピーしました